【球体間接人形・ドール】 顔の作り方②

前回に引き続き、顔の作り方です。

粘土を使用して人形の顔の制作手順を簡単にまとめています。

ここからは目を作っていきます。

 

DollFace08

 

はじめに作った顔のくぼみに目のふくらみをつける。

同じ分量の粘土を丸めて眼球がくる位置におく。

 

DollFace09

 

それらをならす。

 

DollFace10

 

切り込みを入れて瞼を閉じた状態をつくる。

 

DollFace11

 

片目づつ開いていく。

二重瞼のラインを出しておく。

 

DollFace12

 

両目開いた状態。

鏡で確認しながら、左右のバランスをとる。

 

DollFace13

 

 

瞼の二重と、目の上のふくらみ?(名称がわかりません><)をつくる。

ここでも同じ分量の粘土をあらかじめ2つ用意しておく。

この部分の膨らみが大きいと欧米人っぽくなる。

 

DollFace15

 

両目に付けて顔らしくなりました。

この後、微調整を繰り返していきます。

一日経って見てみるとまた違った印象を受ける事があるので、

顔を作ったら、しばらくは違うパーツの作業をして時間をおくのも良いです。

 

今の僕だとここまでで、約一時間ぐらいかかりました。

微調整の時間を含めると限りなく思います。。

 

目を入れたり耳をつけたり、体や四肢を作ったり、、

まだまだ人形づくりは終わりませんが、

顔の造形は、これでひとまず完成です!

 

DollFace16

 

 

この顔の人形が完成したらその画像も載せます〜

 

 


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA