なぜ人形は顔が命なのか?

人形は顔が命。

そんな言葉をどこかで聞いたような気がします。

 

確かに、一番最初に目に付く所であり、

造形する上で作家性が最も現れやすいのが顔でしょう。

でも、理由はただそれだけでしょうか。

 

人間は相手の顔に表れる細かな表情を見ることで、

感情を察したりコミュニケーションをとって生活しています。

そのため、人間は顔つきや表情にはとても敏感です。

 

また、三点の図が人の顔に見えてしまうことがあります。

これをシュミラクラ現象といいます。

顔文字で表情がわかるのもこの現象です ((*・∀・)

出会ってまず相手の目を見ることで、

敵味方を判断し行動や感情を予測するという

本能的な脳の働きだそうです。

顔を見つけやすいように脳にプログラミングされているんですね。

 

このように、相手のことを知りたい時には、

顔や表情はとても重要だということがわかります。

 

顔の造形は難しいですが、

三点あるだけで顔と認識されるぐらいなので、

実はとても簡単なことなのかもしれません。

しかし、三点だけでは細かな表情までは表せませんね。

 

大切なのは表情を読み取れる顔であること。

そうすれば、その人形の行動や感情を予測させることができます。

つまりそれは、その人形の存在感や気配、性格、気持ちとなるのです。

 

自ら動く事ができず、言葉も話せない人形にとって、

存在感や気配、性格、気持ちは命そのものなのかもしれません。

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA