「人形偏愛主義 ヒトガタへの受胎告知」に行ってきました。

 

受胎告知

 

 

この展示会に行くのをずっと楽しみにしていました。

なにせ出展作家がすごく豪華です。

球体間接人形だけではなく、ぬいぐるみやオブジェ・フィギュアなど30余名。

どの人形も作家の独自性が色濃く現れていて、

キャプションを見なくてもこれは○○さんの人形だな〜とすぐ分かるほどでした。

その中でも、天野可淡さんの作品が生で見れて感激です。

表情、色彩、衣装、どれをとっても威厳といいますか品格を感じました。

 

 

展示については、什器や照明をもっと凝れないのかなと思いました。

人形はこんなに素晴らしいのに、ちょっともったいないなと。。。

会場によっていろいろと制約があるのでしょうけれどね。

 

しかし、このような展示が催されるのはとても嬉しいです。

何点か売約済の作品もありましたが、

基本的に人形などの作品は個人のコレクターさんの手に渡ってしまうと

見る事ができなくなってしまうので、

これだけの数の作家さんの作品を一度に鑑賞できるのは貴重だと思います。

 

いつの日か私もこのような展示会に作家として参加してみたいですね。

 

 

会期:2014.8.9~8.17

会場:Bunkamura Gallery

参加作家:
東逸子, 天野可淡, 愛実, 亜由美, 石山ヒロ子, O’s, オカムラノリコ, 亀井潤, 菊地拓史,木村龍, 甲秀樹, 桜文鳥, 佐藤久雄, 清水真理, 神宮字光, 高田美苗, 橘明, 高橋竜男,土井典, 中嶋清八, 長尾都樹美, Dollhouse Noah, 林美登利, hippie coco, ホシノリコ,本城光太郎, 宮崎郁子, 森馨, 山吉由利子, 四谷シモン ほか

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA